読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆかし あたらし

いろいろ書きます。穂乃果ちゃんが好きです。

本当に徹夜組を減らしたいなら今すぐ取るべき方法 (2206文字)

今年もコミケの季節ですね。僕は1日目だけ参加して評論島で何冊か買った後に軽く会場を見回って帰りました。冬はちゃんとお金貯めて参加したいですね。

 

さて、コミケの時期になると決まって現れるツイートの中に徹夜組叩きツイートがあります。徹夜組にペナルティを与えろ!と言うツイートはこの時期になると嫌という程見ます。しかし、なぜ準備会は徹夜組にペナルティを与えないのでしょうか?

それは徹夜組にペナルティを与えると現状より悪い事態が起きる可能性が高いからです。まずは徹夜組にペナルティを与えるとどうなるか考えてみましょう。

まず、徹夜組をしていた方々はペナルティによって徹夜をする意味がなくなった時に始発で来るようになるでしょうか? 僕はならないと思います。なぜなら始発で来ても買えない商品があるから徹夜を始めたのが徹夜組です。*1始発なんていう手段は既に眼中にないのです。

では、どうするのでしょうか? 簡単です、会場外で徹夜するのです。

会場外で徹夜する人にペナルティをかけることは困難ですし、会場外で徹夜して始発の先頭に混じって会場入りするのが妥当でしょう。

そうなるとどうなるでしょうか? いままでは一つの場所でまとめて徹夜させてたのでぼちぼちの秩序が生まれ、準備会側が警備員をそこに付けるなどトラブルへの対策も容易でした。しかし、会場外で徹夜をするようになればそうはいきません。

大量のオタクが深夜のお台場等を徘徊する地獄が発生します。また、そこでトラブルが起きた場合も警備員を周辺地域全域に配備することは不可能ですし対応がすごく難しくなります。また会場外と内でトラブルが起こった時の外部の人達の目も大きく変わってくるでしょう。

結局、コミケを取り巻く状況が悪くなるだけで始発組の不利益が変わらないという最悪の結果が起きます。それを理解して準備会側も黙認をしているのでしょう。

 

では、コミケで徹夜組を減らすために取れる手段はないのでしょうか?

いえ、それは確実にあります。

まず、なぜ徹夜組という物が発生するのでしょうか? それは簡単です、始発じゃとてもじゃないけど買えない物*2があるからです。

例えば今回の夏コミ1日目で言えばまんがタイムなんちゃらとかいう雑誌を出してる某出版社のブースではサークルチケットを使っても買えない商品があったと聞きます。

これっておかしくないですか?

みなさん考えてみてください。この出版社は在庫を絞らないと問題があるぐらい無名な出版社なのでしょうか? 違いますよね。人気作を大量に抱えてるいまイケイケ絶頂の出版社ですよ。実際に用意された数量より遥かに多くの量が売れる事なんて分かりきってることじゃないですか。それならなんでそんな数しか在庫を用意してなかったんでしょう。

この問題について考える上で参考になるとあるエロゲブランドの公式Twitter垢の発言があります。

togetter.com

これがおそらく企業の徹夜に対する認識なんでしょう。

彼らは徹夜が発生するという事を全く問題視していません。それどころかそれをステータスのように感じています。どの企業もこんな認識なんでしょう。

これは企業側だけが悪いわけではありません。なのは完売ネタから分かる通り、コミケでは入手が困難になればなるほど話題性が上がります。その上、僕のようにそれを事実上でも名指しで批判する人達は皆無な状態です。不良在庫を抱えるリスクが全くなくなる事とそのような話題性を考えれば、売上が減ってでも絞るという判断は合理的です。

ここで徹夜組を減らすために本当に必要な事が見えてきましたね。

それは企業に欲しい人の多くに商品が行き渡る状態を作らせる事です。

具体的に言いますと事後通販の徹底などです。同人サークルぐらいですとそういう事をする体力がないかもしれませんが、コミケに出るような企業は違います。エロゲブランドみたいな零細な企業もありますが、エロゲブランドはほとんど公式通販を持っています。不良在庫が怖いなら受注生産にすればいいだけじゃないですか。それに加えてどうしても限定商法がしたいなら抽選にすればいいじゃないですか。

これを準備会側が半強制することがどうしてできないんでしょうか? 「早期に完売になった商品は事後に再販を行う事。」と規約に書いて守れない企業には1回目は警告をいれ2回目は追放するだけでいいんじゃないんでしょうか? コミケには企業にも落選という事があります。代わりはいくらでもいるのです。なんなら企業を全部潰して一般サークル入れればいいじゃないですか、そちらの方がコミケの精神には忠実だと思います。もし、企業サークルの出展料や客引き効果が減るのが怖くて、このような行為ができないなら準備会側が誇らしげに語ってるコミケの精神を表す言葉の後ろに(大爆笑)といれざるおえません。

それと僕たちユーザーはそのような不幸をうみだす企業を徹底的に糾弾する事が必要です。決して悪行は武勇伝にしてはいけないのです。

 

 

コミケplus Vol.4 (メディアパルムック)

コミケplus Vol.4 (メディアパルムック)

 

 

 

 

*1:仮に徹夜組が0人になっても始発組の中で格差が出てしまうのも確実です。

*2:主に企業