読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆかし あたらし

いろいろ書きます。穂乃果ちゃんが好きです。

叶えあなたの夢! ーラブライブ!サンシャインについてー

ラブライブ!の新プロジェクトが唐突に発表されましたね。

賛否両論いろいろあると思いますが僕は少し期待していたりします。しかし、このような新プロジェクトをやる意味とはなんでしょう。μ'sの物語がこれ以上アニメとしては続けられないから代わりにっていうのも理由の一つなんでしょうが僕はそれだけじゃないと思っています。

 

ラブライブ!のキャッチコピーは「みんなで叶える物語」です。

僕の「みんなで叶える物語」の解釈は前にこのブログに書きましたがもう一度まとめておきましょう。 まず、叶える物語は1つじゃありません。アニメの最後に穂乃果ちゃんは3つの夢に対して「叶え!」と言いました。 この、3つの夢、すなわち「μ'sの物語」「μ'sに関わった人(ファンやキャストやスタッフ)の物語」「プロジェクトラブライブ!全体としての物語」。 これらすべての物語を1つめを中心にみんなで叶えていこう、僕はそういう風に解釈しています。

今まで、公式が提供してきた物語は1つめの「μ'sの物語」だけでした。 もちろん、声優ユニットとしてのμ'sの物語は前に書いたように2つめの物語に該当しますが、ラブライブ!公式というより彼女たち自身が発信した物語の欠片をファン達が繋いで物語にしたっていう状態なので置いておきましょう。

しかし、今回の物語はぱっと見で分かる通り「μ'sの物語」ではありません。 公開されている文章の1つである「夢を諦めない事。アイドルから教わったの。」から分かる通り2つめの「μ'sに関わった人の物語」。 とりわけ、僕たちただのファンのような第三者の物語になるのでしょう。

ミルキィホームズでいう3期のように主人公達に憧れる新キャラを出したアニメはよくありますが、結局は主人公達の一部になっているのがほとんどです。

しかし、今回の新プロジェクトはまだ情報が出てないからなんとも言えませんが、μ'sの世界と離れた世界の話に思えます。 亜里沙ちゃんのような「μ'sの物語」の登場人物ではなく、全く外の僕たちファンのような人間が主人公のプロジェクトになるんじゃないんでしょうか?

 

プロジェクトラブライブ!が叶えるべき夢は物語は「μ'sの物語」だけじゃありません。

「μ'sの物語」が中心にあってそれが「プロジェクトラブライブ!全体としての物語」を通して「μ'sに関わった人の物語」に広がっていく、それこそがラブライブの核心だと僕は思っています。

そんなある意味一番大切な2つめの物語、それに公式が焦点を当てる事は新しい取り組みであり、さらにラブライブ!の精神を体現していると取り組みであると言ってもいいでしょう。